2017年02月08日

近況報告ー手賀沼の鳥たち

近況報告ー房総からの便り
寒暖の差が激しくて有難くない天気が続いています。如何お過ごしでしょうか。
先月末手賀沼を散策しながらバードウオッチングを試みました。人に見せる様な写真ではありませんが、これだけ写すのに約1週間を要しました。鳥たちは、見かけてから撮影の為に近寄ると逃げてしまうので、じっと座って近ずくのを待つしかありません。また、目を合わせても逃げてしまう様です。カワセミは絶好の被写体ですが、小さくて10m先から望遠を使うので思うような写真を撮るのは至難の業です。
こぶ白鳥は、永年手賀沼に住み着き、渡りの習性はないようですが、おっとりしているので羽を広げる瞬間を待って連写しました。
白さぎは、何処にもいますが、飛ぶ姿が優雅で楽しい写真が撮れました。また、近況をお伝えします。皆様お元気でお過ごしください。(大場)

昨年の春に開催した清澄庭園での会は評判が良く、次回も都内の名園で集う機会を作ってほしいとの要望が多数寄せられました。
今年も思い出に残るような外堀会を企画したいと考えております(1月1日付ブログ) …幹事さん大変だと思いますが、期待しています、(Taki)


Shirasagi38.jpg
   
@手賀沼(千葉県)の鳥たち

   
 A懐かしい60年間のいざない


   B理科大学27年度資料より


(追記)以前に投稿した野田市の「こうのとり」放鳥の後日談です。今までに5羽放鳥してT匹が事故死した以外は元気に生きているそうです。残りの4羽は暖かい四国、岡山、静岡あたりに住み着いている様です。なかなか地元には住み着かないのが野田市の悩みの種です。(大場)
madonna1.jpg



        
posted by 33K at 15:38| Comment(0) | 近況報告